NEWS
2015.11.18.
「第9回環境科学展」参加報告
2015年10月24日(土)・10月25日(日)の2日間、札幌市青少年科学館にて開催された「第9回環境科学展」に参加しました。

当社の環境報告書や印刷の端の余った部分の紙をメモ帳にして配布したり、当社オリジナルの札幌市円山動物園応援グッズ「どうぶつぬりえ」のダイジェスト版ぬりえを配布し、子どもたちに自由に色をつけてもらいました。

2日間で約5,500人が訪れ、大盛況となりました。
足元の悪い中、ご来場頂いた皆さま、誠にありがとうございました。


札幌市青少年科学館
http://www.ssc.slp.or.jp/
 
 
2015.10.14.
「第9回 環境科学展」に出展します
札幌市青少年科学館にて開催される「第9回 環境科学展」に出展します。子どもたちの環境に対する興味や関心を持ってもらおうと、遊びながら地球温暖化やリサイクルを始めとする環境に理解を深めることを目的とするイベントです。
札幌大同印刷は動物たちへの興味を持っていただこうと簡易版「どうぶつぬりえ」を行います。
みなさんのご参加を心よりお待ちしております。


札幌市青少年科学館 第9回 環境科学展
http://www.ssc.slp.or.jp/event/6685.html
 
 
2015.10.14.
「生物多様性さっぽろ応援宣言」をしました
札幌市が推進する「生物多様性さっぽろ応援宣言」をしました。
これからも事業活動の取り組みの中で、生物多様性に配慮した活動を行ってまいります。








札幌市 生物多様性さっぽろ応援宣言
http://www.city.sapporo.jp/kankyo/biodiversity/sengen.html
 
 
2015.10.14.
「チャリティーえほんいち in 札幌ドーム」を開催しました
2015年9月10日札幌ドームスポーツイベント内にて、「えほんいち」を開催しました。
えほんの販売冊数は381冊、売上総額46,700円となり、売上は札幌市さぽーとほっと基金に寄付いたします。
ご来場していただいた皆さまにはこの場をお借りして、お礼申し上げます。




札幌市 さぽーとほっと基金
http://www.city.sapporo.jp/shimin/support/kikin/
 
 
2015.10.13.
本社建物内のLED化を推進しました
電力や二酸化炭素の削減、長寿命による資源の節約や蛍光灯に含まれる水銀や鉛、カドニウムが含まれないことから廃棄が用意と言われているLED照明を導入。
色の確認をするために印刷業務で必要な照明以外の約80%以上を
LED照明にしました。
 
 
2015.07.15.
「環境報告書2014」を掲載しました
札幌大同印刷「環境報告書2014」をトップページよりPDFデータでご覧いただけるようになりました。


Ecology Report「環境報告書2014」
http://www.dioce.co.jp/daido/iso/index.shtml
 
 
2015.07.01.
「環境報告書2014」を発行しました
札幌大同印刷が取り組む環境保全活動の一年の成果をまとめた「環境報告書2014」を発行しました。

環境マネジメントシステムの概要や事業活動に伴う環境影響に対する取り組みやデータ、お客様と共に作り上げる環境コミュニケーションツール作成事例、地域社会貢献など限られた誌面の中ですべての活動を報告することは出来ませんが、札幌大同印刷の等身大の報告としてご理解頂ければ幸いです。

※後日ダウンロード版を用意する予定です。

[配布場所予定]
札幌市環境プラザ 環境サポートセンター 環境省EPO北海道
 
 
2015.06.22.
使用済みの割りばしを届けました
資源を大切にすること、リサイクルすることで私たちの事業活動に欠かせない紙に生まれ変わるということから、社内で使用済みの割りばしを回収し、王子特殊紙轄]別工場に40kgを届けました。
 
 
2015.06.15.
「なまら便利なバスマップ」を配布しています
モビリティ・マネジメントを通して作成され、札幌市内全域(江別市大麻地区などを含む)の公共交通路線図で、バス(6社)、地下鉄、電車、JR全てを網羅したマップです。
今回から、新千歳空港連絡バス、丘珠空港連絡バスも掲載された、札幌市公共交通路線図「なまら便利なバスマップ」を配布しています。


※モビリティ・マネジメント(Mobility Management、略称MM)
多様な交通施策を活用し、個人や組織・地域のモビリティ(移動状況)が、社会にも個人にも望ましい方向へ自発的に変化することを促す取り組み。
様々な運用施策やシステムの導入や改善、実施主体となる組織の改変や新設などを持続的に展開し、渋滞や環境問題、個人の健康などといった問題に配慮しつつ、過度に自動車に頼る状態から、公共交通機関や自転車などを賢く使う方向へと自発的に転換していくことを促すこと。



NPO法人ゆうらん
http://www.yourun.net/
 
 
2015.06.13.
「DAIDOクリーンアップ2015」ごみ拾いをしました
私たちの北海道を私たちの手で世界一きれいな場所にをテーマに、地球の環境を大切にする心を「ごみ拾い」という誰でも参加できる身近な行動で表現し、より良い北海道の環境を未来に繋げていく市民が主体となった取り組みに賛同し、「北海道市民環境ネットワーク(通称きたネット)」が主催する、全道一斉ごみ拾いのムーブメント“ ラブアース・クリーンアップ in 北海道 2015 ”に登録し、6月8日に豊平営業所、6月12日に厚別本社にて事業所周辺のごみ拾いを実施しました。





■参加した従業員の感想
1) キレイになった会社の周辺を見て、やって良かったと思た!
2) やはり今年もたばこのごみの割合が多いと感じました。
3) 普段話すことのない、他部門の人とも交流が出来て良かた!

ラブアース・クリーンアップin北海道2015
http://www.love-earth-hokkaido.jp/love-earth
 
 
 
<< 新しい記事へ <<>> 古い記事へ >>
 
 
 
topページへ